庭木の伐採を行なわいと害虫が住み着いてしまう

木に害虫が発生した理由

庭がある家に住んでいる人の中には、庭木に害虫が発生してしまうという問題を抱えている人がいます。被害が起きていない人も、いつか庭に害虫が住み着いてしまうでしょう。それを避けるためには、害虫が発生する理由や、どのような害虫が発生するのか把握することが大切です。

庭木に発生する害虫

雑草が多かったり庭木の伐採や剪定が行なわれていない庭には、害虫が多く生息しています。雑草が多く長く生長すると、湿気が多く虫にとって過ごしやすい環境となるからです。また、伸びた雑草の隙間に隠れることにより、外敵から発見されにくいというメリットがあります。庭木は生長しすぎると、枝葉が多くなりすぎて徐々に腐敗するのです。庭木の伐採を行なわないと、腐敗している部分が拡大してそこに害虫が発生します。手遅れにならないように注意してください。

害虫を追い払うには

庭から害虫をなくすためには、庭木に薬剤を散布して駆除します。散布した後は庭木の伐採や消毒を行ない、中に侵入しないようにするのが効果的です。また、木を腐敗させないために土を良くしましょう。土の中には細菌が生息していますから、天地返しという土を掘り返す作業をしたり、庭の土に腐葉土を混ぜたりしましょう。 "

伐採サービスを利用する

薬剤を散布したり土壌を改善したりして、害虫を追い払っても庭木があればまた再発します。再発防止のためには、庭木の伐採が必要です。伐採には道具や重機が必要になりますし、危険な作業ですから伐採業者に依頼したほうがいいです。

伐採をしてもらうメリットとは

伐採を業者に依頼すると作業も早く、その日の内に作業を終わらせます。大きく生長した木は、とても堅いため上手く切れません。また、重要なのは切った木を倒す方向を調節するという作業です。方向を間違ってしまうと家に倒れこんだり、道路に倒れて交通の邪魔になったりします。伐採に関する知識や技術がない人では、リスクが多いので止めましょう。業者ならば、今までに多くの木を伐採しているので安全に作業をします。チェーンソーの扱いにも慣れていて、倒れる方向も調節可能です。また、伐採した後の木の処分も行なってくれるため、業者に依頼したほうが自分で行なうよりもメリットが多いです。

TOPボタン